気の圧縮注入法

どんな治療方針なの?

 人間本来の自然治癒能力を高めて、心身のあらゆる不調を取り除きます。


 心身の不調の大きな原因のひとつは、生来持っている身体の捻じれの蓄積による骨のズレや周辺の筋肉の緊張です。気力が充実していれば自然とバランスが取れるものですが、心身が疲れて気が不足すると、この生来の身体の捻じれ(歪み)の「癖」が出てしまいます。


 具体的な治療方針は、皆様それぞれが固有に持っている身体の歪みの「癖」を把握し、それによって偏っている身体の重心を逆に(前なら後ろ、右なら左へ)導く事で、崩れた骨格バランスを矯正し、筋肉の緊張を緩めます。


 また、お客様自身がどのような癖を持っているかを自覚頂き、長期に渡って良い状態を維持するために必要な姿勢の作り方や動き方をご理解&実践頂いて、様々な不調の改善を目指します。


施術の具体的な方法は?

 骨をボキボキ鳴らしたり、痛みのある部分を押したりはしません。


 歪みの判定、施術時には手首から先の手(具体的には指)に触らせて頂きますが、それ以外は触りません。身体に触られること自体が苦手な方もご安心ください。


 まず、オーリングテスト(下記参照)を用いてお客様の持つ生来の歪み方向を確認します。

 お客様には座った状態で、負担のない範囲で身体と首の傾きを作って頂き、手の指で作って頂いた輪っかの"くっつき具合"を診ます。持っている歪みの方向へ身体や首を傾けると指のくっつき具合が弱くなる事で歪みの癖を判断出来ます。


 判定後、歪みによって潰れた各細胞へ気の圧縮注入法を施し、生来の歪みとは逆の方向へ捻れを導きます。この時、お客様は座ったままでOKです。途中会話も可能ですし、疑問点があれば随時お答え出来ます。


 1回目の施術後、ご自身の歪みの癖を正す姿勢について説明させて頂き、その姿勢を維持した状態でベッドにてしばらく安静にして頂きます。


 その後、改めて気の充填状況を確認の上、再度施術します。このタイミングで既に来院時に認識されていた症状が改善している事もありますが、その後の変化や感じた不調について、改めて個別にお伺いしながらそれぞれの症状への対処を行います。気になるところ、変調、一見関係ないと思われるような思い付き、なんでも仰ってください。


 歪みの改善された身体は心身の巡りが活発化して、様々な不調が改善されていきます。

その①

気の圧縮注入法により

「こころ」と「からだ」の間にある

「気力(気)」を回復します。

その②

しぼんだ風船状態だった細胞に

気が充填されると膨らんで活性化します。

従ってまず「からだ」の不調を回復させる効果が現れます。

”つらさや痛み”がなくなると、

「こころ」がその変化に気が付きます。

その③

「からだ」と違って「こころ」は簡単には変わってくれません。

常識や経験が邪魔をして 変化を恐れてしまうのは、「こころ」にダメージを負った人なら なおさらでしょう。

しかし「からだ」が回復して 気力が充実すると、ゆっくりと「こころ」も変化するものです。

受診後に気を付けることや再診の間隔は?


 皆様が持っている生来の歪みは日々の生活習慣の中で無意識にあり、特に気をつけなければ、「癖」の方向へ戻っていこうとします。


 心配事を抱えたり、仕事での激務の後や、出産後の体力低下時など、心身が疲弊している時は顕著です。


 ひふみ庵では良い状態を長く維持するための姿勢(予防姿勢)の作り方、生活習慣についてアドバイスさせて頂きます。この姿勢の作り方は非常に重要で、しっかり意識して頂くことで、より効果的に、より長く施術効果を実感頂けます。


 意識して良い状態の維持に努めても、様々なストレスや生活の負担により、どうしても気は目減りしていきます。


 特に通院初期は意識しているつもりでも、つい慣れが出てしまい、元の状態に戻りやすいものです。2回目の来院は1~2週間以内をお勧めさせて頂いていますが、それ以降は、状況次第で通院間隔を開ける事が出来るようになっていきます。



オーリングテストって?


 手の指の力による代替医療の診断法です。ニューヨーク在住の大村恵昭(1934 - )が発明し、1993年に米国特許5188107を取っている方法が元になっていますが、当院では正確な診断が取れるように独自のカスタマイズをして実施しています。


 自身の心身の声を聴くという点で、非常に面白い方法です。ご希望される方にはやり方をご説明致します。



好転反応について


 初めての施術後、生来の歪みによって滞っていた身体の老廃物が巡る事により、お客様によっては軽い発熱症状、下痢等が出る場合がございます。


 また身体の歪みを正され、従来使っていなかった筋肉を使う事で、筋肉痛のような痛みや身体のだるさが出る事もございます。


 これらは身体が改善状態に向かうためのプロセス(好転反応)です。

 施術後1~2日は激しい運動等は控えて頂き、なるべく安静にお過ごし下さい。